整体に続けて通う必要性

※来院頻度を強要することは一切ありませんのでご安心ください。

Gradient

​最初に集中施術をする根拠は?

 

いらっしゃる方のおカラダの状態は千差万別で一概には言えませんが、初めてお見えになる方には、おカラダの改善をするのに最初は続けて通っていただくのをおすすめしています。
どれくらいの期間、どれくらいのペースで来た方が良いのか、これもまた状況によりますが、たいていは最初の2〜3週間は比較的間を空けずに詰めていただくのをおすすめしています。


恐らく、ほかの整体院などでもこのように初めは集中して施術を受けていただくのをすすめられた経験があると思います。
この集中施術期間が必要な根拠として、所説いろいろ言われたりしますが、医学的なものとしての答えはありません。
では何を持ってしておすすめしているかというと「経験」からの理屈が1番強いと思われます。

Gradient

​カラダも年を重ねる

 

当院でもこれまで沢山の方達を見て参りましたが、初めに何回か続けて来ていただいた方と、そうでない方では、おカラダの改善度合いが違います。
続けて来てくださった方は安定しておカラダが改善して行きやすいですが、その時その時でいらっしゃる方だと、毎回同じ症状で悩まれていらっしゃいます。


しかも、カラダは時を重ねます。
同じ状態を繰り返す方だと、同じようでいても年々少しずつ状況は良くない形で観られる方が少なくありません。
 

そのような数多くの経験数から、最初は続けておカラダの改善に取り組むことをおすすめしています。
ここでちょっと、私の経験もお話ししたいと思います。

Gradient

​腰痛を抱えていた20代

 

私が20歳の時、人生で初めての腰痛を経験しました。
当時通っていた専門学校を中退し、学生生活の終わりとともに仕送りも無くなり、自立した生活、先の見えない不安な状況でした。


そして深夜での仕事をメインに昼夜逆転の生活で、それまでで1番きつい肉体労働をした際に腰痛が出ました。


幾日経っても無くならない腰の痛み違和感。
ちょっとでも腰に辛い感覚が芽生えると、その日1日はずっと辛さを耐えるような状態でした。


整形外科や内科に行き、レントゲンからMRIと検査をしても何もなく、腰が悪いのかお腹が悪いのかもよく分からなくなって、大腸の内視鏡検査までしました。


結果はどれも問題は無く、いわゆる原因は不明。
調べることは調べ尽くして、特別危険では無さそうという事で、若さもあり、我慢するというか誤魔化し誤魔化しでやり過ごしていました。


時々、近所の整骨院で1、2回通ってみるが特に変わりなかったので、すぐに続けるのをやめてしまいました。
そういう流れの中、紆余曲折ありながらも整体の業界に足を踏み入れることになったのです。

Gradient

​重ね続けたカラダへの刺激

 

初めは2年制の整体の学校に通ったのですが、当時は授業後に残って仲間と練習に励みました。
いや、実際は施術を受けるばかりでした(苦笑)。


その時も腰が辛かったのです。

ですから、相性の良かった仲間や先輩方に、ひたすらお願いして、施術を受けまくっていました。
週に3回授業がありましたから、週に3回は施術を受けていたことになります。
 

そして、初めて勤めた治療院でも当然手技の練習は欠かせませんので、自分が練習台や手技のお手本をやってもらう時、また、カラダが辛い時は空いている時間にスタッフ同士でお互いを施術しあうので、私のカラダも沢山触れられて来ました。


そうやって、積み重ねた施術によるカラダへの刺激、カラダの知識や使い方を覚え、運動する習慣も出来てくるようになって、自然と当時悩んでいた私の腰痛は無くなりました。

この中でも、施術によるカラダへの刺激による影響は、やはり大きいと思います。

Gradient

​カラダのケアを習慣に

 

このような私の経験からも、初めは続けて施術を受けられるのをおすすめいたします。


風邪を引いたりして病院に行ってお薬を出されても、1〜2週間は毎日飲み続けなければならないですよね?


カラダはすぐには変わりません。
しかし、改善する努力を重ねれば確実に変化して行きます。


原因がよく分からない痛みや不調は、見方を変えると、その方の生活習慣だったりします。
運動、食事、睡眠、ストレス、だけでなく、その方の思考の癖、カラダへの知識、社会環境と、まさに生活における全ての習慣です。


その状況を打破する一歩として、整体=カラダへのケア、という新しい習慣を取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

五反田整体院

〒141-0022

東京都品川区東五反田

1-11-12

​五反田大力ビル 2F

営業案内

月~金 10:00~21:00

( 最終受付 20:00 )

土・日 10:00~17:00

( 最終受付 16:00 )

​火・祝日 定休日