いけると思えば、震えは止まる


「先生は、何か運動はされているのですか?」


仕事柄、よく聞かれる。


ひとつは、月に2回のスローペースではありますが

ヨーガをやっています。


通称、“ミッドナイト・ヨーガ”


この“ミッドナイト・ヨーガ”については別の機会でぜひ書いておきたい。


あとは『キャリステニクス』という自重トレーニングを行っています。


簡単に言えば、腕立てやスクワットやブリッジなどの自分のカラダさまとできるもの。



そんな中、ちょうど昨年の12月から追加でおこなっているのが


体幹トレーニングの王道 『プランク』


きっかけは、恥ずかしながらTV番組の影響で、


あんまりちゃんと観ていたわけではないが、

モデルに挑戦しようとする女性の体幹の強さを確認するのにやっていたのがこの『プランク』だったのだが、


その中で、


「最低でも1分は震えたりせずキープできないと話にならない」的な言い方があり


ま、とりあえずパリコレに出る予定はないのだが


1分ぐらいは余裕でしょう、と自分でやってみたらあら大変・・・


できるはできたのだが、途中からプルプル震える始末。


あぁ、本当に体幹の筋肉感覚ってやらないとダメなんだなと痛感し、

その日から続けてみることにした。


そんなこんなで3週間ちかく経過したのだが、


さすがに時間も伸びてきて3分以上できるようになってはきたのだが、


そんな中で、あるカラダの発見をした。


それは、意識の持ち方ひとつで、震えの感じが変わるということだ。



簡単に言えば、中途半端に、例えば3分ぐらいやれるかな?


ぐらいな意識で始めると、途端に震えは始まる。


が、逆に明確に


『次は必ず4分まで行うぞ』と念じてから行うと


震えの感じは軽減する。


そして特に、一番辛いラスト20秒ぐらいを耐える時など、


その差は明確にカラダに現れる。


いけるか?いけないか?


この気持ちの迷いが、エネルギーの不安定さを生み出し、


それが自分の内側で迷走し震えを生み出す。


逆に、いけると思えば、その震えは止まりエネルギーは内側の真ん中に集まる。


あ、これが集中するってことね。


トレーニングも、自己観察も同時に行うと


それはそれで発見があり、おもしろいものです。


そして、そういう発見がないと、やっぱり続かないですよね、しんどいし。



ちなみに、


『30日プランクチャレンジ』というものもありますよ。

興味が沸いた方はぜひチャレンジしてみてください!


“できないことが、できるようになる”


これが、カラダさまのご機嫌を良くする近道ですから。

https://www.fungoal.com/30-day-plank-challenge/



人生は、上々だ。

五反田整体院

https://www.gotanda-seitai.com/

29回の閲覧

五反田整体院

〒141-0022

東京都品川区東五反田

1-11-12

​五反田大力ビル 2F

営業案内

月~金 10:00~21:00

( 最終受付 20:00 )

土・日 10:00~17:00

( 最終受付 16:00 )

​火・祝日 定休日