カラダ世界のコンフォートゾーン


まずそもそも、【コンフォートゾーン】とはなんぞやと?



今では、自己啓発系の書籍やネットの記事などにもよくお見かけするこのワード。



【コンフォートゾーン】



さまざまな定義はありますが、一般的には



「快適な領域」



または、



「安全な領域」



といった意味になります。



なので、自己啓発系のところなどにはよく、



“あなたが成長を望むのであればこの【コンフォートゾーン】から抜け出すことが重要なのです”



と言われている。



でもこれ、



カラダの世界でも同じことが言える。



とくに、



関節の可動範囲を含めた、カラダの動きが、同じ世界観なのだ。



とにかく、



ヒトの動き、ヒトの関節の動きというやつも、


とにかく現代においては、単調な動きの連続だ。


そして、各関節の可動範囲というやつも


気がつけば、同じような範囲内での動きばかりになる。



そうすると、必然的に自らの動きですら、



この【コンフォートゾーン】のようなものが生まれてくる。



なので、



何かの拍子に、


いつもと違う動きをし、


いつもの関節の可動範囲を越える動作をしたりすると、


それはつまり、大袈裟に言ってしまえば、


その【コンフォートゾーン】を抜け出すことになる。


でも本来は、


この【コンフォートゾーン】を抜け出すことは


新しい世界を知り、新しい世界を感じる、


つまりは自分の成長を手に入れるための行動であったはずなのだが、




多くの場合



居心地のいい、そして慣れきった、勝手知ったる自分の庭とも言えるその絶対的安全圏に、


悲しいかな、ヒトは執着してしまうもの。



その【コンフォートゾーン】を抜け出た動きは、危険と判断してしまい


自らを護ろうとするシステムが作動してしまう。



ちなみに、これ実はギックリ腰が正にその典型例。



でも、いつだってカラダのルールはいたってシンプル。


【コンフォートゾーン】を抜け出すことで、新しい世界を知り


自らが変化・成長できるもの。


昨今は、マインドばかりに目が行きがちですが、


股関節の【コンフォートゾーン】や、肩関節の【コンフォートゾーン】を動かし抜け出すだけでも、


新しい世界は感じられる。


カラダから、世界は変えられる。



今のご時世、脳で情報でばかり自らを変えようとし過ぎる傾向にありますが、


【コンフォートゾーン】は、


むしろ、カラダから抜け出す方が安全・確実なのです。


世界は、変えられる。



人生は、上々だ。

五反田整体院

院長 成木海次郎

https://www.gotanda-seitai.com/









56回の閲覧

五反田整体院

〒141-0022

東京都品川区東五反田

1-11-12

​五反田大力ビル 2F

営業案内

月~金 10:00~21:00

( 最終受付 20:00 )

土・日 10:00~17:00

( 最終受付 16:00 )

​火・祝日 定休日