大力図書館『野口体操 からだに貞く』



このたいして広くない五反田整体院には、


通称【大力図書館】と呼ばれるものがある。


まあ、本棚なんですが【大力図書館】なのです。


ここにある本は、いつでもだれでも借りていって大丈夫です。


私や、スタッフのみんなが手に入れた本なのですが


ひょっとしたら、みなさんの興味をひかれる1冊があるかも。


今日は、その中の1冊のご紹介。



この五反田整体院には、3大偉人がいらっしゃる。


もちろん、我々が勝手に決めたのだが。


ヒトのカラダに関わる仕事をしていく上で、


崇拝している御三方がいる。


今回は、その3大偉人のひとり


野口三千三氏の書籍 『野口体操 からだに貞く』のご紹介。





私自身がよく言う、


「カラダさま」


という概念は、この野口三千三先生の影響を受けたもの。


要はパクリです。


とは言え、この野口三千三先生のカラダさまに対してのど変態振りは


はっきり言って、生涯かけても勝てる気がしないほどです。


それぐらいの、カラダど変態。



この野口三千三先生が考えた動きがのちに、


【野口体操】として体系づけられている。


興味のある方は、ぜひ公式サイトへ

http://www.noguchi-taisou.jp/noguchitaisou/ntp1.html



ただ、体操そのものの動きも、もちろんおもしろいのだが、


個人的には、この野口三千三先生の表現するカラダ感が本当におもしろい。


そして、本当に 【カラダ愛】に溢れているのを感じてもらえるはずだ。



野口三千三先生のコトバの代表的なもののひとつに、


『からだは生きた皮袋』


という表現がある。



まず皮膚という薄い、柔らかい、大小無数の穴のあいている一つの生きた袋がある。

そして、その中に液体がいっぱい入っていて、

骨、内臓、もちろん脳やなんかも、その中に浮かんでいる・・・・

私はそれを実感として感じとることができるのです。


この一文を初めて読んだ時の衝撃は、今でも覚えている。


衝撃というよりは、かなり大きな?が頭の上にいくつも浮かんできたような感覚。



でも、このカラダに対しての概念があったからこそ


その“生きた皮袋” の中身の一番当てになる存在の “骨”に触れにいったのかなと、


今、こじつけのように書いてみた。



そんな不思議な不思議なカラダワールドを体感できる1冊。

『野口体操 からだに貞く』


ぜひご希望の方は、【大力図書館】でお待ちしております。



「からだは、計り知れない埋蔵量をもった宝庫である」


「自分のからだの中に何万年の生命のつながりを感じた時、それが“かみ”なのである」


「楽だということは、楽しいことで、それは美しいことだ。楽だということは、気持ちがいいことだ。気持ちがいいということが、最初で最後の規準ではなかろうか」


人生は、上々だ。

五反田整体院

https://www.gotanda-seitai.com/







0回の閲覧