神様は何も禁止なんかしてない


本日の、とあるカラダさまとのやりとり。


川本真琴氏と言えば、 我ら昭和53年会、関係各位の皆様におかれましては 大変お世話になった青春の恩人の一人。 (若い世代の方は要チェックね!)


そして、

最近 対応するクライアントさんによく質問することが、


『今、まったく何も気にしなくて、何も考えなくていいとしたら  どこで何をしたらワクワクしますか?』


というもの。


訊いてみると、ほとんどの方がフリーズする。


皆、一様に 


「そんなこと、最近考えたことなかった・・・と。」



まあまあ、いい機会ですから今 考えてみましょうよ、と

そう促してみると、

大抵、最初に出てくるコトバは、


【ぐっすり寝たい】


いやいや、それ行動じゃないじゃん!


と、思いながらも それは素直な本心なんだと思う。


それぐらい今、

日常という圧倒的な時間に安心感を感じられない。



とは言え、

施術を進めながら、少々しつこくあれやこれや訊いていくと、

とあるタイミングから、



そういえば・・・



という感じで、ワクワクするやりたい具体的なハナシが出てくる。


ある方は、

ダイビングに行きたい!


ある方は、

学生時代、修学旅行で行きそびれた法隆寺に行きたい!


またとある方は、

自分の過去生に関わると言われた、滋賀県に行きたい!


などなど。



みなさん、

やりたいことがないわけがないのです。


ワクワクすることが、ないわけがないんです。


今、圧倒的に無いものは

そういうことを考える時間。


そういうワクワクに、妄想を膨らます長閑な時間が無いだけ。


ゆっくりと、そして丁寧に、

自分の内側にカラダ感覚を通じて繋いでいくと そこには、ちゃんと在るもの。


政府が、自治体が、会社が、親が、

まわりの人がいろいろ言う厄介なご時世ではございますが、


おそらく、本質的なところでは川本真琴氏の言う通り


【神様は何も禁止なんかしてない】


なのです。


そして、

楽しめることを思い出し、それを口にして話し始めたときから

ようやくカラダは緩んでいくのです。


ようやく、安心感を思い出すのです。


それが現実。


そして、


今近しい大切な方と こんな他愛のないやりとりを 安心できる場でしてほしいのです。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示