#13 KID追悼に想う、人生とは?


山本KID徳郁氏が今月9月18日に亡くなった。

41歳。


山本KID選手は、私は個人的にとても好きな格闘家でした。

そしてもうすぐ40歳になる私ともほぼ同年代。


やはりショックではある。


あれほどカラダを鍛え、カラダの声を聞こえているように思えたあのKIDが・・・ そして健康意識も高く、おそらくネットの記事などでも読んだのだが

海外の医療機関にて治療に専念していたのに。


私自身、仕事柄 カラダのことはあれこれ調べ、情報を集めたりするので 【ガン】というものについても、それなりには知っているつもりではあるし、

【ガン】に対する治療?法も、最先端の医療情報から、 断食や免疫療法などのいわゆる、民間療法的なものまで知識としてはある。


もっといえば、スピリチュアルな世界観での【ガン】の意味もわかってもいるつもり。 そしてその対処方法も、知識だけは知ってはいる。


が、


でも、でも、

【ガン】が治るとか治らないとか、というハナシと


人の寿命というものとは、別問題なんだと改めて思った。


そう思って、なぜだか急に思い出したのが

昔、古びた旅館だかホテルだかにあったファミコンを思い出した。


名前を調べたら『ファミコンボックス』と言うらしい。初耳。



究極、人生とはこの『ファミコンボックス』なんだと思う。


いくつもあるソフトを自由に選んでプレイできるし、

楽しいゲームもあれば、クソゲーみたいなのもある。


もちろん、ゲームの途中で失敗してしまっても

何度でもやりなおせばいいし、今までとは違うソフトに変えるのも自由。


ただ、


どんなに楽しいゲームの途中であったとしても、 どんなにクソつまらないゲームの最中であっても、


時間がきたら画面は消えてしまう。

もうそこで終わり。


ちなみに『ファミコンボックス』では100円で10分が相場だった気がする。


ヒトの寿命は、これと同じ図式。


100円分なのか500円分なのか、そこがヒトそれぞれ違う。


長いとか短いとか、そんなことを問題にしたところで仕方がない。

大切なのは、今 そのゲームを楽しんでプレイしているかどうか。


諦めて、自ら電源を落としたりしないように


時間の限り、ゲームに興じたい。 そして、


山本KID選手に合掌。

29回の閲覧

五反田整体院

〒141-0022

東京都品川区東五反田

1-11-12

​五反田大力ビル 2F

営業案内

月~金 10:00~21:00

( 最終受付 20:00 )

土・日 10:00~17:00

( 最終受付 16:00 )

​火・祝日 定休日